横断幕・懸垂幕キングへようこそ!横断幕・垂れ幕・大判シートの印刷ならおまかせ。1枚2,700円~制作可能です!【日本全国対応】

お問い合わせ

横断幕の設置方法をご紹介!

横断幕の設置方法をご紹介

横断幕の設置方法

スポーツの応援やイベント会場、建設現場などで使われる横断幕。 サイズが大きく重さもあるので、外れないように固定しなければなりません。 横断幕を取り付ける方法をご紹介します。 横断幕の設置方法は、ハトメ加工を施したものや、棒袋縫い加工を施したものなど…主に加工方法によって異なります。 一般的な設置方法としては、ハトメ加工を施した横断幕に紐を通して、手すりなどのくくりつけて設置します。

ハトメ加工の場合の設置方法

ハトメ加工とは、横断幕や懸垂幕に紐を通すための穴を空け、破れを防ぐためにその穴を縁取るようにリング状の金具を取り付け、補強する加工方法です。

ハトメにロープを取り付ける方法

▼ 1.まず横断幕にロープを取り付ける

横断幕を設置する方法として、ハトメにロープを取り付ける方法が一般的です。 その手順をご紹介します。 ロープを二つ折りにし、折った方をハトメに通します。折った方が輪になっているので、ロープの反対側を輪に通して引っ張ると、横断幕とロープが繋がります。

ハトメにロープを通す

▼ 2.設置場所にロープを取り付ける

設置場所を選ぶときは、ロープを引っ張っても固定される丈夫なところに結ぶようにします。 例えば、金網のフェンスやブロック、柱、建設現場の足場など。 ここでは、しっかり結べるのに簡単にほどくことができる結び方をご紹介します。

設置場所にロープを取り付ける

①右手でロープの端を持って、結びたい箇所の手前から奥にロープを回します。左手はロープの根元側を持ちます。
②右手で持ったロープをもう一度同じ方向に巻きます。
③右手で持ったロープを、左手のロープの手前から回して結び、これをもう一度繰り返します。
④両方のロープを引っ張って結び目を締めます。

横断幕をロープで取り付ける場合、壁と横断幕の間を10cm以上空けて設置しましょう。 ロープをピンと張りすぎると、風でなびいた生地と壁が擦れて傷んでしまいます。 たるませすぎると風で落下したりちぎれたりする可能性があるので注意が必要です。

アイプレートでの取り付け方法

紐を掛ける場所がなかったり直接外壁に取り付けたいときは、アイプレートという金具を使う方法があります。 アイプレートを壁に打ち付け、アイプレートに紐を通すことで外壁に直接横断幕を設置できます。 アイプレートはホームセンターやインターネットで簡単に手に入ります。 外壁がコンクリートや石膏ボード、モルタルなどだと専用の打ち付けビスが必要になるので一緒に購入しましょう。

ハトメに吸盤を通す

横断幕のハトメ部分に吸盤を通し、ガラス面に吸盤を吸い付かせる方法。 上からキャップを締めるタイプや、レバー式のもの、静電気で貼り付けるタイプなどの種類があります。 吸盤の耐荷重を確認してから設置するようにしましょう。

テンションコードでの取り付け方法

テンションコードとは、伸縮性のあるコードの端にフックのついたもの。 フックをハトメ部分にかけるだけで簡単に横断幕を設置できます。 コードの伸縮性によって強風のショックを吸収するため、屋外での設置も安心です。 長さに種類があるので、取り付ける場所に合った長さのコードを選びましょう。

棒袋縫い加工の場合の設置方法

棒袋縫い加工とは、横断幕の上部のみ、または上下両方を袋状に縫った加工です。

ポールに横断幕を通す方法

袋状になっている部分にポールを通して設置する方法で、屋内でも屋外でも利用いただける設置方法です。
上部のみが袋縫い加工されているものは、のれんのようにだらんと横断幕がぶら下がります。 上下両方が袋縫い加工されているものは、横断幕を上下に引っ張る形になるので生地がピンと張ります。 お店の看板や広告としての横断幕は、お店の名前や商品名がきれいに見えるようにピンと張る設置方法がおすすめです。

棒袋縫い加工の設置例

横断幕を設置する際の注意点

横断幕は看板と同じ扱いであるため、法律や各市町村の条例によって設置するための条件が決められていることがあります。 許可や申請が必要な場合もあるので、屋外に設置する際は事前に確認しましょう。 屋内のイベントで使う場合も主催者の許可が必要な可能性があるので、こちらも事前に確認しましょう。 また横断幕自体は設置が許可されていても、横断幕に差別的な表現や過激な言葉を入れることは禁止されています。 デザインを考えるときには、見た人が不快な思いをしないような言葉を選ぶようにしましょう。

ターポリン(両面・メッシュ)

ターポリンが使われている横断幕は、折りたたむのではなく印刷面を内側にして筒状に丸めます。 横断幕が濡れている場合はしっかり乾かしてから丸め、直射日光の当たらない風通しの良い場所で保管します。

ターポリン(両面・メッシュ)

トロマット

トロマットは柔らかく折りたたみやすいので、印刷面を内側にして折りたたみます。 直射日光の当たらない風通しの良い場所で保管します。 折りシワがついた場合は、物干しにかけておくとシワがなくなります。

トロマット

横断幕のお手入れ方法

横断幕をきれいに保つためのお手入れ方法を、生地別でご紹介します。

ターポリン

ターポリン生地の横断幕が汚れたときは、柔らかい布で水拭きしてください。 強い力で擦るとインクが剥がれることもあるので注意が必要です。 洗剤を使うときは中性洗剤を使用し、最後は水拭きをして乾燥させると変色の心配がありません。

ターポリンお手入れ方法

トロマット

洗濯機で洗濯できるものもありますが、できれば手洗いがおすすめです。 漂白剤や蛍光剤入りの洗剤は使わず、色移りを防ぐために他のものと一緒には洗わないようにしましょう。 変色の恐れがあるので乾燥機にはかけず、印刷面を内側にして陰干ししてください。

トロマットお手入れ方法

まとめ

広告宣伝やイベントの告知、警告表示などさまざまな役割を果たす横断幕。 屋外に設置する横断幕はサイズが大きく重さもあるため、頑丈に取り付ける必要があります。 屋内に横断幕を設置する場合は壁などを傷つけないようにしたいですよね。 屋内外それぞれに適した横断幕の設置方法をご紹介してきました。 横断幕の管理・お手入れ方法もチェックして、きれいな状態で使い続けてくださいね。

この記事を読まれている方にオススメの記事

横断幕キングトップページ