横断幕・懸垂幕キングへようこそ!横断幕・垂れ幕・大判シートの印刷ならおまかせ。1枚2,500円~制作可能です!【日本全国対応】

お問い合わせ

風になびく社旗~社旗を利用して会社の存在をアピールしましょう!

風になびく社旗

社旗とは

社旗とは、会社・組織のシンボルや顔になる旗のことです。
主に、社外に向けて宣伝やアピールすることを目的に掲げられます。 社旗を掲げることで、会社の存在を業界や世間に広め認知してもらえるという効果を期待できるのです。

社旗には他にも期待できる役割や効果が存在します。
それは社旗を掲げることで、自社の社員のモチベーションや誇りを高めるという効果です。
社員に社旗を見せることで、自分はこの会社で働いているんだ、という自覚と誇りを社員に芽生えさせるという役割があります。

社員のモチベーションアップに

そのような大切な役割のある社旗ですが、そのデザインは会社によって異なります。 社名のみをデザインしたシンプルなものや、会社のロゴが入ったものなどが一般的です。
また会社のイメージカラーや企業スローガンなどをデザインすることもあります。

社旗の利用シーン

会社のシンボルとして用いられる社旗ですが、実は様々なシーンで利用することが可能です。 社旗の代表的な利用シーンをいくつか紹介していきましょう。

会社・組織の記念行事

入社式で使用される社旗

社旗がもっとも利用されることが多いシーンは、会社・組織の記念行事や式典です。

会社・組織の節目や社員の祝い事で、社旗によって華やかさや緊張感を演出することができます。

お客様を招待する場合には、社旗を掲げることで自社をしっかりアピールするという効果もあります。 また、社員の団結力をアップさせる効果を期待できます。

会社説明会

会社説明会も一般的な社旗の利用シーンです。
社旗を掲げることで、就活生などの入社希望者に自社の存在とイメージをしっかりと伝えることができます。

工事現場

建設会社の工事現場でも社旗は利用されています。建設工事は長期間行われることがほとんどです。
工事現場に社旗と一緒に安全旗を掲げることで、その工事期間中の作業者の意識と周辺の人たちへの安全を宣言することができます。

入社式で使用される社旗

社員旅行

社員旅行も社旗の利用シーンのひとつです。
同行してもらうガイドの方に社旗と同じデザインの手旗を持ち歩いてもらうことで、周囲の方にもその存在を認知してもらうことが可能です。 集合場所の目印や記念写真など、社旗を共有することで社員同士の仲間意識も強まります。

このように社旗には、様々なシーンで利用できます。
これは、簡単に取り外しができ、持ち運びも可能な社旗の利便性の高さだからこそといえます。

意外と迷う社旗のサイズ選び

社旗のサイズ選び

社旗には定められた規定のサイズというものは特に存在しません。
一般的に使用される社旗は縦:横の比率が2:3とであることがほとんどですが、サイズに関してはそれぞれの会社・組織で決めることが可能です。
縦90cmの場合、横は130cm、縦120cmの場合、横は180cm、というように2:3の比率だけしっかり意識しましょう。

しかし、実際に社旗を選ぶとなった際、自分たちの会社・組織にはどのサイズがより良いサイズなのかは迷ってしまうものです。

そこで今回は、社旗を掲げるポールの高さを参考に見ていきましょう。
実際にポールの高さによって、社旗のサイズは異なります。

ポールの高さ
(cm)
社旗のサイズ
(cm)
600~700 90×135
800~900 100×150
1,000~1,200 120×180
1,300~1,500 140×210

表を参考にポールの高さからサイズを選んでいくと良いでしょう。
(ポールが複数本設置されている場合は、ポール同士の間隔もご考慮ください。)
※こちらの表は、おおよその基準となっておりますので、目安としてご利用ください。

おすすめのサイズ選びとして紹介しましたが、 実際に利用するシーンや求める役割によってより良いサイズ感というものは多少変化してきます。 そのため、ここで紹介したおすすめのサイズ選びを目安にし、 それぞれの利用シーンで誤差を調整することがベストな社旗のサイズを選びといえるでしょう。

社旗注文ページ

横断幕・懸垂幕キングの社旗は特急便対応も可能な、短納期・低価格の人気商品です!
5つのサイズからお選び頂けます。1枚3,850円(税込)~

まとめ

会社・組織のシンボルとして、様々なシーンで利用される社旗。
社旗は、社名やロゴなどをデザインし掲げることで、 会社の存在やイメージを社外に宣伝・アピールしてくれる効果があり、 社員同士の団結力や、仕事へのモチベーションを高める役割もあるなど、 その効果は社外・社内どちらも影響するものです。
それらの効果を利用して、多くのシーンで社旗を活用していきましょう。

Copyright©2019ITAMIARTS INC.ALL Rights Reserved.