横断幕・懸垂幕キングへようこそ!横断幕・垂れ幕・大判シートの印刷ならおまかせ。1枚2,500円~制作可能です!【日本全国対応】

お問い合わせ
足場幕
懸垂幕・垂れ幕
店頭幕
看板幕
のぼり旗

競艇を横断幕で盛り上げよう!作成から保管まで一連の流れをご紹介

競艇の横断幕

競艇(ボートレース)で横断幕を掲出する流れ

競艇場は全国で24か所ありますが、横断幕を掲出する方法は決まっています。
詳細は各競艇場のホームページでの確認が必要です。
※東京都の江戸川競艇場は横断幕の掲出ができません。

① 横断幕を作成する

競艇用の横断幕は屋外掲出で天候の影響を受けるため、業者に依頼するのが無難です。
サイズには規定があるので注意しましょう。

② 競艇場に郵送する

※横断幕は各競艇場へ郵送するのが基本で、持ち込みはできません。
レースの開催初日3日前までに届くように準備しましょう。
事前に横断幕に破損や汚れがないかを必ず確認し、必要であればメンテナンスを行ってください。
横断幕に問題ないことを確認できたら、梱包の際に返送用の「着払い伝票」を同封して発送します。

③ 横断幕の掲出

横断幕は競艇場の係員によって所定の場所に掲出されます。
掲出場所の指定はできません。

④ 横断幕の返送

レース終了後、すみやかに競艇場から着払いにて横断幕が返送されます。

⑤ 横断幕の手入れ、保管

次のレースも使いたい場合は、汚れのふき取りや破損個所の修復を行いましょう。
きちんとお手入れして保管すれば何度か繰り返し使用することができます。

競艇場に横断幕を掲出するためには、決められたルールに従う必要があります。
1枚でも多く横断幕を飾るために、サイズの規格を守ることは必須です。

・おすすめのサイズ

競艇場に掲出できる横断幕の規格は、縦200cm×横1000cm以内とされています。
規格内でおすすめするサイズは以下のサイズです。

競艇用横断幕のおすすめサイズ
縦(H)×横(W)
<規格>H200cm×W1000cm以内
H170cm×W425cm H180cm×W600cm H180cm×W1000cm
※見積もりが必要
・生地

競艇場は雨風の影響を受けやすく、場所によっては潮風の影響もあります。
最適な生地は、水をはじきやすく丈夫なターポリンがよいでしょう。

注意事項

枚数や設備の都合で目立たない場所の掲出になる場合や、そもそも掲出されない場合もあります。
また、破損しているもの、著作権や肖像権侵害となるもの、内容が過激なものは掲出NGです。

横断幕作成に欠かせないのが「デザイン」です。
一目で目立ち、わかりやすく応援の気持ちを伝えられるようなデザインのコツや文章について説明します。

■一般的な競艇用横断幕のデザイン

選手名、所属支部、登録番号、キャッチフレーズや応援フレーズを添えてレイアウトするのが一般的です。
横長の横断幕がほとんどなので、イラストを入れたい場合は端になるようレイアウトしましょう。
なお、取り違えを防ぐために、横断幕の裏側に名前を書いておく必要があります。
別の布に書いてアイロンやテープなどで貼り付けても可ですが、濡れても取れたり滲んだりしないようにしましょう。

■競艇用横断幕に使われるフレーズ

応援の意味を込めて一言添えるようにすると、選手に思いが届きやすくなります。
過激な表現やヤジのような言葉はNGです。
「廻す」「ターン」など競艇にまつわる言葉などもいいですね。

競艇用横断幕のおすすめフレーズ
一走入魂 疾風怒濤
捲り一撃 いざ出陣
嵐を巻き起こせ! ぶん廻せ!
モンキーターン 水上の〇〇(ファンタジスタ、ヒロインなど)
〇〇(所属支部)の星 元気娘(女性選手に多いフレーズ)

横断幕の作成方法は3通り!

↓ 横断幕の作成・お見積りは
こちらから

↓ 制作事例をもっと見たい方へ

横断幕は競艇場まで直接送付する必要があります。
また、掲出は競艇場の係員が行います。
期日までに送付できたとしても抽選などで必ず掲出されるとは限りませんので注意が必要です。

・送料
送料は大きさ・重さと送付先により異なります。
競艇の横断幕は大きくて重いため、最大サイズである160サイズ(3辺合計160cm以内、重さ25kg以内)の送料を考えておくのがベストです。
<参考>A社
160サイズの料金:2070円~2510円
・梱包用資材
梱包資材は段ボール・クラフト用紙いずれの場合も1000~3000円程度で揃えることができます。
ガムテープや緩衝材は百円均一で揃えることが可能です。
<参考>
長物梱包用ダンボールとクッションのセット
クラフトロール
強化ダンボール
※クリックするとAmazonサイトが開きます。
・必着日
レース初日の3日前
・横断幕用の紐
横断幕とは別に購入し、同封する必要があります。
・着払い伝票
掲出後は着払いにて競艇場から返送されます。
競艇場によっては配送業者が指定されていますので、ホームページで確認しておきましょう。
・その他
レースタイトル・選手名などがはっきりわかるようメモ書きを添えましょう。

返送された横断幕は、次のレースに備えてお手入れ・保管しましょう。

ターポリンの横断幕は洗濯することができませんので、柔らかい濡れ布でやさしく拭き取ります。
主に屋外用の横断幕で使われるターポリン地は、丸めて風通しのいい涼しい場所で保管しましょう。
※折り畳んでの保管は長期間だとインクが剥がれる可能性があります。

お手入れは水拭きが基本ですが、汚れがひどい場合は台所用の中性洗剤を使用することができます。
雑巾は百円均一で、洗剤は数百円程度で買うことが可能です。

▼ 関連記事

横断幕の素材に合わせた保管方法 横断幕の素材に合わせた保管方法

競艇の横断幕は、大きさや送付方法など細かく決まりごとがありますが、ルール内であればデザインやフレーズは自由です。
選手に喜んでもらうだけでなく、観客の目にも留まるような横断幕を作ってみましょう。